マシンのHMI向け可視化ソリューション

3DViewStationをマシン可視化のためのヒューマンマシンインターフェース(HMI)の一部として使用

現在では、中・大型の機械には、ほとんどの機械に統合型コンピュータが搭載されています。彼らは独自の画面(一部タッチディスプレイ)を持っており、機械を制御したり監視したりするために使用されます。しかし、どの機械にも設計データ(通常は3D)があり、コミッショニングやメンテナンスのためのドキュメントと同様に、発生する可能性のあるエラーを排除するためのものもあります。それなら、これらを結び付けてしまえばいいだけのこと。3DViewStationが稼働していれば、3D CADデータを再利用して活用することができます。エラーが発生した場合、ユーザーはエラーが発生していることを確認できるだけでなく、問題がマシンのどこにあるのかを正確に確認することができます。ユーザーは、正確な機械構成に属するCADデータを現場で軽量な表現で利用でき、アプリケーションを正しい位置にグラフィカルにナビゲートします。このように、ジオメトリからリアルタイムで最新データやデータ履歴はもちろん、3Dモデルや動画、従来型のPDFマニュアルといった関連ドキュメントの問題解消に関するデータも照会できます。

そのほか、今日のようなIndustrie 4.0/IoT時代には、複数の機械のモニタリング・操作のほか、サービスエンジニアへのアラーム発信も可能な総合ソリューションのオプションとしてもご利用いただけます(-> リンク:アフターセールス)

手を差し伸べる

アドバイスさせていただきます。

技術
+49 2408 9385 517


特典...

... 利用者向け

  • 3Dジオメトリに主にテキスト情報を追加
  • エラーコードだけでなく、問題を空間的に表示
  • ジオメトリ、ドキュメント、動画のリンクにより、簡単にアクセス可能
  • 非常に複雑な機械でもすぐに可視化された情報を確認可能
  • 操作が簡単

... 開発者向け

  • 短時間で統合可能
  • SDKなしで、プログラミングコードもほとんどなし
  • 統合時に頼りになるコンサルティングチームのサポートあり

... 意思決定者向け

  • 3Dグラフィックス対応の機械で競合社を一歩リード
  • サービスアプリケーションのさらなる最適化が可能
  • 機械のBOM(部品表)を100%使用
  • 機械で正確なデータを確認できるため、ユーザーからの問い合わせもほとんどなし
  • サービスチームの負担を軽減
  • オートメーションオプションが豊富
  • トレーニング/講習が不要