BIM・建設業界

BIM&建設業界、プロジェクト管理ウェブポータル、オフラインでも、3DViewStationは常に最適な可視化ソリューション

過去数十年の間に、建設業界では2Dから3Dへの切り替えが進んでいます。これまでは2次元図面のセットを持ち歩けば十分でしたが、今回は2次元図面のセットを持ち歩くことにしました。今日は3Dモデルの全モデルのローカルコピーを取得することが課題になるかもしれません。今日では、関連するすべてのデータやジオメトリにアクセスできるクラウドベースのプロジェクト管理ソリューションが好まれています。その際、いちいちファイルをダウンロードしては再びアップロードするのを避けようとすれば、データの確認やアクセス許可のために、可視化が可能な高性能ソリューションが必要となります。Kistersではこのため、BIM&AEC向けにデスクトップ、モバイル端末、ブラウザ、さらにはVRに対応した高性能可視化ソリューション、3DViewStationシリーズを提供しています。

ベースとして、3DViewStationはBIMや建築で使用される主要なファイル形式をすべて読み込みます。Revit、IFC、GLTF、CPIXMLはもちろん、AutoCAD DWG、DXFのような以前の2Dデータ形式、さらには図面をスキャンしたPDFやTIFFなど、BIM&建設業界で用いられるほぼすべての主要ファイルフォーマットの読み込みが可能。しかもこのとき、個々のファイルやデータ管理システムの属性やリンクを貼ったメタデータも使用できます。また、ドキュメントや3Dモデルの確認、許可、比較の実施、測定、分割、衝突の確認を行う環境はデスクトップ、モバイル端末、ブラウザ、VRからユーザーが自由に選択できるというのもKistersソリューションの特徴です。VR版は建設プロジェクトを実物大に「体感」するため、補足的に使用されています。

手を差し伸べる

アドバイスさせていただきます。

技術
+49 2408 9385 517


クラウドベースの最新オンラインプロジェクト管理ソリューションに最も人気があるのは、KISTERS 3DViewStation WebViewer版。端末に一切ジオメトリをダウンロードできないので、高速でスケール調整も抜群なだけでなく、ノウハウ保護によって機密性も確保できます。また、当社の高性能APIを使用すれば、コードを入力するだけで、すぐにその他のシステムへの統合が可能。すべての製品でほぼ同じAPIを共有しているため、オフラインでの使用やパワーユーザー向けにVR版とデスクトップ版を統合することも可能です。インテグレーターによっては、メニューからではなく音声コマンドでVR版を操作したり、3Dモデルに注釈を付けたり、主要アプリケーションに保存しているるところもあります。

ぜひお気軽に当社までご連絡ください